韓国入国時必須K-ETAとは?

Life

2021年9月~韓国入国時必須【K-ETA】とは?コロナでも入国可能?申請方法も紹介します!

NUN
こんにちは。韓国在住主婦NUNです。

2021年10月に入り、日本では緊急事態宣言が明け、世界的にもワクチン接種が進み、海外旅行が出来る日が徐々に近づいていると思います。

2020年からのKカルチャーブームによって、韓国に行きたくてうずうずしている人も多いのではないでしょうか。

今回は、コロナ流行以前には無かった「K-ETA」という制度を紹介します。

正しい情報を入手して、安心安全に、韓国旅行が出来るように、この記事が参考になれば嬉しいです。

K-ETAとは

K-ETAとは電子旅行許可制度のことで、アメリカ入国時にESTA申請が必要なように、韓国でも、韓国に無査証で入国が可能である国家の国民を対象に、電子旅行許可が必要になりました。

コロナ流行以前は、日本人であればパスポートさえあれば、ビザも電子旅行許可も不要で、韓国に入国が出来ましたが、

これからは、航空券予約前に、K-ETAホームページ(またはアプリ)から申請&許可をもらうことで、航空券の予約が可能になるようです。

ポイント

電子旅行許可制(K-ETA)の概要

■運用開始日:2021年9月1日~
■対象国:※2021年9月1日現在、対象は以下のとおりに限定
・無査証で入国可能な49ヶ国の国民(注:日本は現在対象とされていません
・無査証入国が暫定停止された国(63ヶ国)の国民のうち「企業人等優先入国対象者」として認められた者
■申請方法:出発前24時間前までに、「K-ETAホームページ」または「モバイルアプリ」にアクセスの上、必要事項を入力して申請(結果はEメールにて)
■有効期間:許可を受けた日から2年間(有効期間内は繰り返し使用可能)
■手数料:10,000韓国ウォン(日本円で約980円)

現在、韓国に入国可能なのか?

本記事を作成したのが2021年10月4日ですが、コロナウイルスの影響で、現時点では一般的な旅行者は原則入国が不可能です。

上記の、K-ETAの概要の注意書きに「日本は現在対象とされていません」と記載されているのは、「現在は、K-ETAで許可を取っても、ビザが無い限り入国できないよ」という意味です。

2020年4月13日から、韓国政府は、以下の措置を実施しています。

ポイント

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流入遮断のため短期査証の効力停止および査証免除協定の暫定的な停止

  1. 2020年4月5日までに外国人に発給された短期査証(シングル/マルチ)の効力を暫定的に停止
  2. 韓国国民に対して入国禁止措置をとった国家の国民に対して査証免除および無査証入国を暫定的に停止
  3. 全世界の在外韓国公館において新規査証の発給審査を強化

私の記憶では、日本が韓国より先に、コロナ対策の為に韓国国民に対して入国禁止措置を行いました。(これは韓国に対してだけではなく多くの国に対して行ったはず)

そのため、2に書いてあるように、その報復?として、日本人も韓国に入国する際は、無査証入国が出来なくなったのです。

個人的には、韓国政府がコロナ対策の為に、特定の国を平等に無査証入国を禁止するなら理解が出来るのですが、

2に書いてあるように、「韓国国民に対して入国禁止措置をとった国家の国民に対して」査証免除および無査証入国を暫定的に停止をしたという理由が、

子供がやる「仕返し」みたいな感じで、とても幼稚に感じてしまいます。笑

ちなみに、2021年10月現在、日本は、韓国を上陸拒否対象地域にはしていませんが、査証免除措置を停止しています。

つまり、現時点では、日本人が韓国入国の際はビザが必要であり、韓国人も日本入国の際はビザが必要ということです。

注意ポイント

ビザの種類は様々なものがありますが、旅行やワーホリビザは現在発行されておらず、結婚移民ビザや職業ビザ、留学ビザで入国する人が多いです。

ビザについて詳しくは、大使館のホームページをご覧ください。

K-ETA利用方法

K-ESTAは、以下の公式サイトまたはアプリから登録が可能です。

K-ETA

K-ETA
開発元:법무부
無料
posted withアプリーチ

K-ESTA申請

大まかな申請の流れは以下の通りです。(HPの韓国文を日本語にしました。)

K-ETA申請方法

一つ一つ、やり方を説明する必要がないほど、入力内容はとても簡略化されており、視覚的に何をすべきかすぐに分かります。

言語は、韓国語と英語が選択できます。

申請は、ホームページトップにあるボタンから可能で、韓国語の場合「신청하기」英語の場合は「Apply for K-ESTA」をクリックし、上記の流れで情報を入力してください。

K-ETA申請画面

詳しい申請方法を知りたい方は、コチラの公式YOUTUBEでやり方動画をご覧ください。(英語か韓国語)

NUN
私は英語まったくできないけど、動画は視覚的にとても分かりやすく簡単に申請できそうでした!!

隔離について

ビザを持っている方、韓国入国時に隔離があるかどうか気になりますよね?

現在、ワクチン接種完了者に限り、2週間の隔離が免除されています。

実は、隔離免除は、2021年7月から行っていたのですが、変異種の流行で、9月から隔離免除が停止になり、10月から再び隔離免除が可能になりました。

ただし、今後またコロナの状況によって対応が変わってくると思うので、大使館等の公的な情報を入手するようにしてください。

隔離免除申請方法

2021年10月4日の最新情報は以下の通りです。

申請方法は以下の3通り。

申請書類はコチラ

  1. 申請人のパスポートコピー
  2. 隔離免除書発給申請書(書式1)
  3. 隔離免除同意書(書式2)
  4. 訪問目的証明書類:家族関係証明書、結婚/血族証明書類など
  5. 予防接種証明書、予防接種証明書の真偽確認に対する誓約書(書式3)
  6. その他在外公館から要請する書類等

詳しい内容や、書式のダウンロードは、こちらの大使館HPから参照可能です。

さいごに

日本では、いまだにワクチン接種者も隔離は必須ですが、

韓国での2週間隔離が免除になった(ワクチン接種者に限り)ので、韓国在住日本人の方は、今までより日本に帰りやすくなったと思います。

これで、日本も隔離が免除になれば、最高ですよね!!

私も早く隔離免除で日韓行き来できる日が来ることを願っています!

NUN

 

スポンサーリンク

-Life