Beauty

【お菓子OK運動ほぼなし】努力せずに3ヵ月で5キロ痩せた“8時間ダイエット”

こんにちは。管理人のNUNです。

3/24から8時間ダイエットを行ってまして、今日(7/1)で3ヵ月+1週間ほど。

特に苦しい思いをせずに、ゆっくりではありますが、3ヵ月で5キロの減量に成功しました!

3ヵ月で5キロと聞いて、「え?3ヵ月もダイエットしたのに5キロだけしか変わらないの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、多くの方がイメージする“ダイエット=我慢、辛い、キツイ運動”とは裏腹に、全くストレスを溜めることなく、多くの労力をかけることなく(?)、ゆっくりと減量することが出来ました。

短期間で減量すると、体にも心にも良くありません。痩せられてもストレスが溜まって、肌荒れになってしまったり、すぐにリバウンドする可能性も高くなります。

そういう意味では、3ヵ月で5キロの減量は決して素晴らしい結果ではありませんが、

好きなお菓子やごはんを食べて、キツイ運動もしないで、肌荒れ等の副作用も無く痩せられたという意味では、良い結果であったと思います。

8時間ダイエットに関心がある方、是非最後までご覧ください^^

8時間ダイエット(別名:16時間プチ断食)とは

名前の通り、一日のうち8時間の中で一日分の食事を終わらせ、残りの16時間は何も食べないというめちゃめちゃシンプルなダイエットです。

これは、お医者さんやメンタリストDaigoさんもおススメしてるダイエット方法です。参考に、メンタリストDaigoさんのYoutube動画を載せておきます。

細かいルールやメリットは別記事でまとめたので、ぜひご覧ください。

私の1日食事ルーティーン

私がこの8時間ダイエットを始めた頃に、ちょうどコロナ影響で在宅勤務や外出自粛の流れになり、自宅にいる時間がぐっと増えました。そのため自宅時間が長い人用のルーティーンになっています。

8時頃起床。基本お昼までは珈琲か水のみ。お腹がすいたら、11時以降に果物やヨーグルトなどの軽めのものをお腹に入れます。

1食目は、お昼の12時頃。好きな食事をいつも通り食べます。

食後は毎日甘い物(チョコやアイスなど)を食べました、食べていい時間帯は、我慢はしません!

夜ご飯は、早めの18時。夜は、炭水化物抜きにしてました。遅くとも19時には終わらせるようにしています。

夜ご飯後は、珈琲か水のみ。間食もしてるし、動いていないので、早めの夜ご飯でも満足です^^

食事時間

8時間ダイエットなので、普通は、12時に1食目を食べたら、20時まで食べてもOKです。

しかし、私は、3ヵ月続ける中で、色んな時間で試した結果、私の場合は18時ごろまでに食べ終わると次の日の体の状態が一番良いということが分かり、極力早めに食べるようにしています。

本来は、毎日同じ時間で食事することが望ましいと言われている8時間ダイエットですが、最初自分のベストな時間帯を探すために色々な時間で試していました。

今でも、そこまでシビアに時間管理していません。全体で8時間以内であればOK!と考えて、ストレスを溜めずに、継続しています。

食事内容

本来8時間以内であれば、過度に食べ過ぎない限りは、食事制限は一切ありません

しかし私は、基本的に自宅に居たのもあり、昼夜両方で炭水化物を取る必要ないのでは...?と考えるようになりました。

昼に好きなごはんを食べる代わりに、夜ご飯は炭水化物を抜くことにしました。

最初は少し、お腹が空きますが、すぐに慣れて、体が身軽になります。

また、“水を沢山飲んだ方が良い”“ナッツ類も食べたほうが良い”など、8時間ダイエットを効果的に行うためのアドバイスは沢山ありますが、私は水もナッツも食べません。笑

私は甘い物が好きなので、毎日お菓子を食べる代わりに、夜の炭水化物を抜いたり(体にはよくないかもしれませんが)と、

自分が一番ストレスを溜めず、続けやすい方法で、8時間ダイエットを行うように心がけました。

多分、毎日運動して、水やナッツを食べて、甘いものを食べない方が、早く体重を落とせると思います。笑

また、このような私のルーティーンを見ると、

「いやいや、、8時間ダイエットじゃなくても、毎日18時ごろに夜ご飯食べ終わってたらそりゃ痩せるでしょ・・・」とか

「8時間ダイエットじゃなくても、夜ご飯、炭水化物抜いてたら、そりゃ痩せるでしょ」「この結果、8時間ダイエットの結果じゃないでしょ」

とか色々思われるかもしれません。

確かにそうかもしれないですが、最初は普通の8時間ダイエットのルールで始めてみてから、体が慣れた後に、変化を加えたくて、自分に合うルーティーンを探しこの方法にしました。

なので、基本である8時間ダイエットの考え方(16時間は空腹の時間を作る)は徹底し、プラスアルファで後から色々自分なりのルールを加えてみたので、そういう意味でも参考にしてみて下さい。

自分の生活スタイルや性格、モチベーションに合う8時間ダイエットの方法を、実践しながら探すのが一番良いと思います。

運動

運動は、ジョギングやランニングなどの有酸素運動は一切していませんでした。

やっていたのは、足を細くする脚パカ体操(10分)と腹筋の筋トレ(10分)を、夜行っていました。

ちなみに私がやっていたのは、以下の2本の動画です。

出典:TV 「【Eng】セクシーと言われたくて3週間でくびれ作って彼氏に見せてみたら....【日韓/筋トレ】毎日3分の運動法公開㊙️

出典:MuscleWatching 「【1日1回】13cm太ももが細くなった最強足パカルーティン!正月太り解消!

正直、これが減量に繋がったのかは謎ですが、筋トレをやっていたのは、足やお腹を綺麗に痩せたかったので、実践していました。

この3ヵ月の間、ダイエットに関しては色々調べましたが、効率的に減量するのは、やはり、有酸素運動と筋トレを組み合わせるのが良いようです。

しかし、私は走るのが嫌いなので笑、筋トレだけやっていました。

私はやりませんでしたが、皆さんは有酸素運動しながら、8時間ダイエット、筋トレも並行で行うことで、私よりもはるかに良い結果が短期間で現れると思います。

3ヵ月の結果

大まかに、ダイエット初日の体重からの差異を、大まかに区切って説明します。

  • 3/24 Start(初日)
  • 3/29 2Kg減(5日目)
  • 4/7 2.5Kg減(14日目)
  • 4/14 3.2Kg減(21日目)
  • 4/22 3.7Kg減(29日目)
  • 4/22~5/31ごろまでは、体重が安定せず、初日から-2.7~4Kgあたりを行ったり来たり
  • 6/1 4.4Kg減(68日目)
  • 6/1~6/20ごろまでは、体重が安定せず、初日から-4.4~4.8Kgあたりを行ったり来たり
  • 6/21~7/1 5Kg減(99日目)

毎日、夜ご飯を食べてお風呂から上がってすぐに測定した数字です。

その日食べたものによっては1日の中でも1キロほど変わる日もあったり、寝る前の体重~起床直後の体重が0.5Kg~1Kgほど変化する場合もあったので、体重変化を一場面だけ切り取ってこのように表現するのは適切でないかもしれませんが、おおまかにはこのような感じです。

また、体脂肪率も4%ほど減りました。

正直に言うと、最初の3日間は結構辛かったです!

初日に食事時間を12時~20時に設定しましたが、20時までに満足するまで食べても、今まで食べてた朝ごはんを抜いてるせいか、22時にはお腹がグーグー鳴り出してしまって、眠りにつけなかったり・・・。1日目にして辞めてしまおうと思ったくらいです(意志が弱い)。だけど、慣れることを信じて続けたら、4日目にして夜お腹が空かなくなりました。

やってみて最初の3日が辛いだけで、大好きなチョコは食べれるし、全く辛い感じがなく、我慢してダイエットしているという感覚もありません。勝手に胃が小さくなったのか、自然と脂っこいものを食べたいと思わなくなりました。

結果を見てみると、最初の1ヵ月は、余分なものが落ちやすいのか、すぐに体重が落ちました。しかし、1ヵ月後くらいになると、体重が落ちづらくなりました。

1か月ほど体重がほぼ変わらない時期があったので、くじけそうになりましたが、絶対続ければ痩せられる!と信じて続けた結果、2か月後再びゆるやかに体重が減っていきました。

8時間ダイエットの意外なメリット

私が3ヵ月実践してみて感じた、8時間ダイエットの意外なメリットは以下の2つ!

①食事に執着しなくなる

②食事に充てていた時間が出来る

①に関しては、私は今も食べることが好きなタイプで、食べるからには毎食、美味しい物を沢山食べたい!と考えていました。

しかし、8時間ダイエットを始めてからは、3食全て食べなくても、“1食(私の場合はお昼ご飯)好きな物食べられれば、ほかに食べたいものは次の日に食べれればいいや~~~”という考え方に変わりました。

人間、不思議と慣れるもので、これが全くしんどくありません。

また、②に関しては、食事時間が減ったので、その分すぐに次の行動に移れるのがメリットだと思います。

このブログも、ちょうどダイエット始めた頃に開設しました。

朝ごはんを食べない朝の時間にブログを書いたりしているので、ブログ始められたのもこの8時間ダイエットのお陰かもしれません。笑

さいごに

やっと書けました。ダイエット記事。

正直、そんな書くほど痩せられてないしな...と思って書くの渋っていましたが、私が最初8時間ダイエットを実際に行った方の記事を見て、すごく参考になったのを思い出し、

私も誰かの参考になればと思い、書いてみました。

一緒に、ストレスを溜めず、たのしく、美しくなれるよう、頑張りましょう~~!!

スポンサーリンク

-Beauty
-,